プロミスの返済方法を知りたい

 

プロミスの返済方法は何があるの?

 

借金をする際に気になるのは借入金額や金利などがありますが、返済についても気になると思います。返済をする時には返済金額が少なければ毎月の生活は楽になりますが、返済が長引くと後が大変です。

 

中には金利だけを返済しているという人もいるかもしれませんが、プロミスではどのような返済方法があるのでしょうか。

 

 手数料が無料の返済方法

 

 インターネットでの返済
 口座振替
 お客様サービスプラザ(店頭窓口)
 プロミスATM
 コンビニ(メディア端末)

 

 手数料が有料の返済方法

 

 銀行振込(金融機関により異なります)
 提携ATM(100円か200円いずれも税別、三井住友銀行のATM無料)

 

 主な提携ATMを挙げていきます。

 

三井住友銀行、セブン銀行、東京スター銀行、福岡銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、第三銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セブンイレブン、ローソン、クレディセゾン、などです。

 

※営業時間は、各ATMにより違うのでホームページや各金融機関へ要確認です。
メンテナンス期間もあるので注意しましょう。

 

実際に手数料はどれくらいかかるの?

 

別に手数料なんて一回あたり100円とか200円でしょ?と思う方もおられるかもしれませんが、実際借り入れて完済するまでにどれくらいかかってしまうのでしょうか?

 

例を挙げてみましょう。

 

まずプロミスで30万円の借り入れをして、30回払いとすると、返済1回につき手数料200円とすると200円×30回=6000円です。

 

こうして計算してみると軽く見ることの出来ない金額であることに気づかされますね。
ちなみに30万円借り入れたときの実質年率(17.8%で計算)を計算すると、7万4000円ほどになります。
手数料を含めると8万円になってしまうのです。
少しでも節約して早めの完済をしたいものですね

 

よく聞く「リボ払い」ってどんなもの?

 

まずリボ払いという返済方法をお聞きになったことがあると思いますが、そもそもリボルビング払いとは何なのでしょうか。

 

リボルビング払いというのは、簡単に言えば返済金額を毎月決めて、その金額を返済していく方法です。
つまり、毎月の支払い額が一定ということです。

 

例えばですが、1万円と決めれば1万円を毎月支払っていきます。
それだけの支払いを毎月していれば問題なく、支払金額が決まっているので楽ですよね。
実際プロミスでも他の業者でもそうですが、このリボ払いが主流となっています。

 

しかし消費者金融の支払い方法がほとんどリボ払いであれば、特に名前をつける必要はなかったと思うことでしょう。
確かに消費者金融にとっては当たり前ですが、実はクレジットカードの支払いは少し違っています。
そもそもクレジットカードの支払いが分割支払いだったために、リボ払いというものができたのです。クレジットカードは一括返済か分割返済かを選べるようになっていますが、分割の時も支払金額は総額を分割して支払う形になると思います。

 

例えば2回払いなら5万円の商品を買った時には2万5000円を1ヶ月に1度支払い、2ヶ月で支払いが終わります。このように分割払いでは支払いの回数が決まっていますが、リボ払いは決まっていません。回数ではなく毎月の支払金額を決めておいたほうが都合がいいと考える人もいたために生まれたというわけですね。

 

プロミスの返済は一括でできるの?

 

プロミスのカードローンの返済は分割払いが多いですが、一括で返済することも可能です。
返済が早ければ早いほど利息が少なくて済むので、可能であれば積極的に考慮しましょう。
ではどうすれば一括返済をすることができるのでしょうか?

 

一括返済をしたい場合、まずプロミスのコールセンターに問い合わせをしましょう。
電話番号は0120-24-0365です。営業時間等は公式ホームページを確認してください。
なぜ問い合わせをするかというと、返済する日によって一括返済をする金額が異なってくるからです。

 

プロミスは利息が日割り計算なので、何日後に返済するかで金額が変わります。
そのためにプロミスに確認する必要があります。
返済金額を確認したら、次に決めるのは返済方法です。

 

インターネット返済、お客様サービスプラザ(プロミス店頭窓口)、プロミスATM、提携ATM、銀行振込、コンビニなどがありますが、ATMで返済する場合、念頭に置いておきたいのは1000円未満の金額の扱いです。
ATMの場合、硬貨の取り扱いができないため1000円未満の端数が返ってきません。

 

例えば、98900円の返済金額だった場合、ATM利用なら99000円入金して返済します。
そうすると普通おつりが100円返ってくるはずなのですが、ATMでは対応できないため100円が返ってきません。

 

この端数の扱いがどうなるのかというと、銀行振込か、お客様サービスプラザか、次回の利用時の借入残高から相殺のいずれかから選択になりますので、これが面倒と感じる場合はATM以外での支払いを選びましょう。

 

 

 

更新履歴